レボリューション 猫用

レボリューションについて徹底概要

Revolution for cats banner

このページでは猫用レボリューションに関するすべての重要な情報を紹介し、あなたの愛猫にとって最適な局所タイプの寄生虫駆除・予防薬について正確な情報に基き適切な決定できるように導きます。

レボリューションとは

レボリューションは猫の寄生虫の治療のために開発された毎月の局所タイプの駆除・予防薬です。レボリューションは、ノミの成虫や卵を駆除し、ノミの蔓延を制御します。また、おなかの虫にも有効で、フィラリア(犬糸状虫)から保護し、回虫感染を治療および制御し、ミミヒゼンダニ、ネコハジラミの蔓延を制御するのに役立ちます。

レボリューションは犬用もありますが、当ページで提供される情報はすべて猫での使用にのみ関連しています。

レボリューションで予防できる寄生虫

flea vector

ノミ

heartworm vector

フィラリア (犬糸状虫)

intestinal worm vector

おなかの虫

mite vector

ダニ

有効成分

セラメクチン

セラメクチンは、犬と猫の両方で使用するために開発された広域スペクトルの寄生虫駆除剤です。セラメクチンの作用は外部寄生虫を駆除する外部寄生虫駆除剤と、内部寄生虫を治療する内部寄生虫駆除剤の両方です。猫では、ノミ、フィラリア(糸状虫)、ミミヒゼンダニ、ネコハジラミおよびいくつかのおなかの虫に対して効果的です。投与後、セラメクチンが猫の血液、髪、皮膚に広がり、寄生虫に摂取されます。この薬は神経信号の伝達を遮断し、寄生虫を退治します。

セラメクチンの使用は、1999年に欧州医薬品庁およびオーストラリア農薬獣医局(APVMA)によって承認されました。ヨーロッパのフィールド調査では、レボリューション(ストロングホールドとしても販売)を投与後90日間で、ノミの数が98%減少したことが判明されました。また、猫のフィラリアの予防においてもレボリューションは100%効果的でした。

セラマクチンの投与により、猫1,000匹に1匹未満で一時的に脱毛が発生し、猫1,000匹に1匹未満で毛の固まりや白い残留物が発生した。これは、製品の有効性を低下するものではないと検証されました。

他社製品と比較

Revolution logo Frontline Plus logo Advantage logo Advantage Multi logo Stronghold logo
投与タイプ 局所 局所 局所 局所 局所
ノミ ✔️ ✔️ ✔️ ✔️ ✔️
フィラリア (犬糸状虫) ✔️ ✔️ ✔️
回虫 ✔️ ✔️ ✔️
鉤虫 ✔️ ✔️ ✔️
ミミヒゼンダニ ✔️ ✔️
ネコハジラミ ✔️ ✔️
投与量 毎月 毎月 毎月 毎月 毎月

寄生虫

あなたの愛猫がどんな生活環境にいても(屋内、屋外、都市、国)、猫たちが生活している限り寄生虫の影響を受けることはほぼ確実です。寄生虫は通常、内部(体内に生息するもの)と外部(皮膚や毛に生息するもの)に分類されます。一部の寄生虫は比較的無害で、少しの不快感しか引き起こしませんが、他の寄生虫は治療しないと生命を脅かす病気を引き起こす可能性があります。

ノミ

Ctenocephalides felis

fleas

ノミは猫に影響を与える最も一般的な寄生虫です。 ノミは世界中で見られ 、猫だけでなく、犬、ウサギ、キツネ、ラット、さらには人間にも生息しています。最も一般的には、家や庭、または野生動物の巣など、これらの動物が住む場所とその周辺で見られます。ノミは日陰のある暖かく湿った環境を好み生息します。屋外では、木材の間、落葉の下、またはデッキの下などの場所で見つかるかもしれません。室内では、カーテン、寝具、カーペット、その他の柔らかな家具で見られます。

ノミ媒介性疾患

ノミは猫に不快感を与えるだけでなく、猫にとってより深刻な問題を引き起こす可能性があります。これらには以下が含まれます:
貧血

これは、咬傷自体によって引き起こされる状態ほどの病気ではありません。ノミが猫に咬みつき血液を摂取することによって、失血し通常の赤血球数より少なくなり貧血を引き起こす可能性があります。貧血の症状には、歯茎の蒼白、嗜眠、体重減少、急速な脈拍などがあります。この症状は、子猫や小さな猫でより一般的に見られます。

ノミアレルギー性皮膚炎

すべての猫は通常ノミに刺された咬傷口で多少の刺激やかゆみを感じるでしょうが、一部の動物はノミ唾液に深刻なアレルギーを発症する可能性があります。 ノミアレルギー性皮膚炎は、最初のノミの咬傷後、猫に何日もかゆみを感じさせ、絶えず引っ掻くと、特に尻尾と後脚の周りに大きな掻き傷と脱毛が起こります。

ペスト(黒死病)

ノミはこの疾患の多くの菌株を運ぶことができますが、猫は特に腺ペストのリスクがあります。 ペストの症状は、リンパ節の腫れ、発熱、鬱病、扁桃腺の腫れ、嘔吐、下痢などがあります。抗生物質が腺ペストに効果的ですが、治療せずに放置すると致命的になる可能性があります。

猫ひっかき病/バルトネラ症

この疾患は診断が難しいため、非常に厄介な病気です。他の多くの健康状態と間違われやすいため、「ステルス病」として知られています。 バルトネラ症は通常猫に深刻な症状を引き起こさず、発熱や腺の腫れを引き起こしますが、ひっかき傷またはより一般的には咬傷を介して簡単に人間に伝染します。

サナダムシ (瓜実条虫)

この疾患の場合、ある寄生虫がベクターになる可能性があります。ノミは猫がサナダムシに感染する最も一般的な方法です。感染したノミは猫が毛づくろいするときに飲み込まれ感染します。成猫では通常致命的ではありませんが、 サナダムシの感染症は、放置しておくと体重減少の原因となります。

ノミのライフサイクル

ノミの繁殖サイクルを打破することが、猫の体と家からノミの蔓延を撲滅する唯一の方法です。

flea life cycle
ステージ1

ノミの一生はから始まり、成虫のメスが猫の毛皮に一度に約20匹ずつ産みます。ノミの卵は孵化するのに2〜20日かかります。この期間中、ノミの卵は猫から落下し、カーペット、寝具、またはその他の柔らかい家具に潜むことがあります。ノミの卵は通常、ノミの蔓延の約50%を占めます。

ステージ2

ノミは卵から幼虫に発育し、体長は約1/4インチです。この段階に5〜20日間留まり、その後繭を紡ぎます。幼虫はノミの個体数の約35%を占めており、この段階でカーペットや寝具に掃除機をかけると、ノミの一部を排除できる可能性があります。

ステージ3

ノミは生存条件が正しいと判断するまで繭に留まります。最短で7日、最長で5か月かかる場合があります。この段階のノミはとして知られており、ノミの寄生の約10%を占めています。

ステージ4

成虫のノミは繭から出て、生き残るために数時間以内に摂食を開始する必要があります。成虫は家でノミのわずか5%を占めますが、数日で卵を産み始めることができ、雌ノミは生涯で最大500個の卵を産むことができます。

フィラリア (犬糸状虫)

Dirofilaria immitis

heartworm

フィラリアは犬の病気と思われがちですが、猫も同様に感染の被害を受けます。さらに、フィラリアを治療するために使用される薬は猫には使用できないため、フィラリアの感染からペットを保護する唯一の方法は予防です。

この感染病の原因であるフィラリア(糸状虫)は世界中で、特に熱帯および温帯気候で見られます。糸状虫は蚊によって媒介するため、湿気の多い地域や水の近くで特に蔓延しています。ただし、乾燥した場所や涼しい場所に住んでいても、蚊が裏庭の池や水の入ったバケツで繁殖する可能性があるため、あなたの猫が安全だというわけではありません。

フィラリアの症状

猫はフィラリアの非典型的な宿主であり、犬と同じ症状を常に示すとは限りません。残念ながら、フィラリアに感染した猫は、倒れるか突然死ぬまで、まったく症状が現れない場合もあります。症状を示す猫には、次のようなものがあります。

  • 喘息のような症状
  • 嘔吐
  • 拒食症
  • 体重減少

フィラリアのライフサイクル

フィラリアは蚊によってのみ媒介し伝染するので、蚊はこの寄生虫のライフサイクルにおいて重要な役割を果たします。

heartworm life cycle
ステージ1

フィラリアは犬やキツネなどの宿主動物の血中に住むミクロフィラリアとして生活を始めます。蚊がフィラリアに感染した宿主を吸血すると、ミクロフィラリアを同時に摂取します。

ステージ2

蚊の体内で次の発育段階に移ります。次の2週間で、ミクロフィラリアは感染力のある幼虫に発達し、その後、蚊を介して新しい宿主に移動します。猫が感染するのは、この感染した蚊に刺されることが原因となります。

ステージ3

これらの幼虫は、蚊に刺された穴から猫などの新しい宿主の体内に侵入します。ここでは、皮下で成長を続け、最終的に宿主の血管内に移動します。次の50〜70日で、これらの幼虫は成虫に成長します

ステージ4

サイクルの最終段階は、成虫が肺の血管に移動し、 フィラリアになる時期です。この時点で、フィラリアは繁殖し、ミクロフィラリアを血流に放出し、そこで蚊によって吸血されます。猫では、蚊に最初に刺されてから約7〜8か月後にこの段階に達します。

フィラリア(犬糸状虫)の生息地

フィラリアは世界中で見られますが、蚊に刺された場合にのみ感染するため、熱帯および温帯地域で蔓延しています。主に報告されている国は、アメリカ、オーストラリア、南アメリカ、日本、イタリアです。

当初、米国内ではフィラリアはアメリア南東部に限定されていましたが、過去50年未満で分布範囲はかなり広がっています。フィラリアは現在アメリカの49州といくつかのカナダの州で発見されています。

オーストラリアでは、フィラリアの正確な分布地を示す十分なデータが収集されていませんが、国内のほとんどの地域で蔓延していると考えられています。当初は熱帯および沿岸地域のみに分布していると考えられていましたが、現在、南部地域での蔓延も広がっています。

ヨーロッパでのフィラリアの症例は、地中海、黒海周辺の南部の国々で留まっているようであり、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、トルコを含み、症例数が最も多いのはイタリアです。

これらの例は、最も蔓延している場所の概要を示していますが、フィラリアは他の地域でも発見されているので獣医師は場所に関係なく一年中フィラリア予防を推奨しています。

おなかの虫

猫用レボリューションは、猫で最も一般的な2つのおなかの虫である回虫( Toxocara cati )と鉤虫( Ancylostoma tubaeforme )を駆除・予防します。これらの虫は両方とも世界中で生息し、猫の腸内に寄生してしまうと、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

回虫

roundworm

これらは猫と犬の両方に見られる最も一般的な腸内寄生虫です。特に子猫は、母猫から胎盤や乳汁を介して感染する可能性があるため、回虫の問題のリスクがあります。他の腸内寄生虫とは異なり、回虫は腸壁に付着するのではなく、ライフサイクルの成虫期に腸内を自由に移動します。

回虫は成猫では特に問題ではありませんが、子猫や衰弱した老猫にとっては危険であり、致命的でさえあります。どの年齢の猫でも、次のような症状が見られます。

  • 腹部不快感
  • 腹部膨張
  • 体重減少
  • 毛並みが悪い
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発育不良(子猫)
回虫のライフサイクル
roundworm life cycle

ステージ1

成熟した雌回虫が腸で繁殖し始めると、一度に数千個の卵を放出します。これらの卵は宿主によって糞便中に排泄され、そこで最終的に土壌または猫砂に留まります。ほとんどの猫は卵を飲み込むことで感染します。通常、感染した土や猫砂を踏み毛づくろいの際に体内に飲み込んでしまうか、回虫の卵を持つマウスのような動物を食べることによって回虫に感染します。

ステージ2

宿主の体内に入ると、卵は消化管内で幼虫に孵化します。若虫が成長するにつれて、組織を通って肺へと移動します。この時点で猫は咳をし、幼虫を飲み込み、次の発育段階のために腸に移動します。雌猫の場合、幼虫は乳腺に移動する場合があり、乳腺を介して子猫に直接渡ることができます。

ステージ3

ライフサイクルの最終段階は、 成虫への発達です。腸に移動してから約1週間後、回虫は繁殖を開始するのに十分発育し、ライフサイクルが再び始まります。卵の放出から完全な成熟まで、回虫のライフサイクルは約4〜5週間かかります。

鉤虫

hookworms

この寄生虫は、口の中にある鉤状の部分にちなんで名付けられ、このフックは宿主の腸壁に付着するために使用します。強調しますが、子猫は鉤虫によって引き起こされる問題のリスクが最も高く、寄生虫の吸血によって起こる失血から回復するために輸血が必要になる場合があります。

子猫は通常、母猫の乳汁を介して鉤虫に感染しますが、成猫は鉤虫に感染した小動物を食べて寄生虫に感染します。動物が感染した土壌の上を歩き、足の皮膚を通って宿主に侵入することもあります。

鉤虫が吸血する時、血液が凝固するのを防ぎ、継続的な出血を誘発する抗凝固物質を放出します。この失血によって次のような症状を引き起こします。

  • 貧血
  • 血便
  • 体重減少
  • 元気がない
  • 毛並みが悪い
  • 発育不良(子猫)
鉤虫のライフサイクル
hookworm life cycle

ステージ1

ほとんどの寄生虫と同様に、鉤虫は卵から生活を始めます。 は、宿主の腸で雌の成虫によって産卵されます。次に、これらの卵は猫の糞便を介して排出され、そこで次の発育段階に進みます。

ステージ2

鉤虫の卵から孵化した幼虫は、土壌または同様の環境でこの未成熟な段階で数週間生存できます。猫は通常、感染した土壌を踏み、毛づくろいによって幼虫を直接飲み込んでしまいます。幼虫は次の成長段階のために腸に移動します。感染した土壌を足で踏み、幼虫が宿主の肉球から侵入することも一般的です。この場合、幼虫は組織を進んで肺に向かい、咳をして飲み込まれ、腸に到着します。幼虫期の鉤虫はまた、乳腺に移動し、そこで母猫の乳汁を介して子猫に感染します。

ステージ3

腸に到着した鉤虫の幼虫は、再び繁殖サイクルを開始することができる成虫に成熟します。幼虫期から繁殖期まで、鉤虫のライフサイクルは約2〜3週間かかります。

ミミヒゼンダニ

Dirofilaria immitis

ear mites in cats

これらの微視的な寄生虫は犬と猫の両方によく見られ、2匹の動物の間で簡単に伝染します。ミミヒゼンダニは肉眼では見づらい場合があり、獣医師が顕微鏡でその存在を確認する必要がある場合があります。これらの寄生虫は外耳道表皮に寄生し、皮膚、油、耳垢をたべます。

ミミヒゼンダニは病気を引き起こしませんが、猫に刺激を与えるとノックオン効果が発生し、深刻な状態に陥る可能性があります。ミミヒゼンダニが寄生すると、刺激やかゆみを引き起こします。かゆみを和らげるために、猫は耳を絶えず引っ掻き、耳自体の損傷、または感染症を発症する可能性のある傷を開きます。治療せずに放置すると、これらの感染症が鼓膜に影響を及ぼし、聴覚とバランスの問題を引き起こす可能性があります。一部の猫はまた、かゆみを和らげるために頭を振る場合があり、鼓膜に損傷を与える可能性もあります。

ミミヒゼンダニのライフサイクル

ear mite life cycle

ステージ1

他の多くの寄生虫とは異なり、ミミヒゼンダニのライフサイクル全体が宿主で行われます。雌ミミヒゼンダニが卵を外耳道の表面に直接産み付け 、孵化まで最大4日かかります。

ステージ2

ダニは卵から孵化し幼虫となります。この段階で数日間吸血し、それから脱皮して若虫になる前に1日休憩します。

ステージ3

ダニは2段階の若虫期を経て、脱皮します。それぞれの発育段階で4日間の吸血が必要となります。

ステージ4

若虫は2回目の脱皮後成虫に発育します 。ミミセンダニの全ライフサイクルは、完了するまでに約3週間かかります。

ネコハジラミ

Felicola subrostratus

biting lice

ネコハジラミは、猫だけに影響を与えるシラミの種類です。主に北米、ヨーロッパ、オーストラリアで発見されており、非常に若い猫や老猫、または衛生状態の悪い環境に住む猫に多く見られます。

ネコハジラミは通常、猫の毛幹に見られます。この種のシラミは、そしゃくした口器を使用して付着し、最も一般的には頭部、首、尾の周りに咬みつきます。ネコハジラミの最も一般的な症状には、刺激とかゆみがあります。深刻な寄生の場合、猫は激しく引っ掻き、落ち着かない様子を見せ、抜け毛を起こすことさえあります。

ネコハジラミのライフサイクル

ネコハジラミは宿主動物上で全ライフサイクルを完了し、その環境内で数日間しか生存できません。
lice life cycle

ステージ1

成虫のメスのネコハジラミは、1日にほんの数個の卵を産み 、毛幹の付け根近くの毛に直接産み付けます。

ステージ2

卵は孵化するまでに1〜2週間かかり、小さな成虫のシラミに似た幼虫として現れます。

ステージ3

ネコハジラミは成虫になる前に2〜3週間かかり、その間に2つの幼虫期を経ます 。ネコハジラミの成虫の寿命は約30日です。

寄生虫についての神話

寄生虫に関するすべての情報を把握するのは難しいですが、猫に最善のケアを提供するためには、正確な事実に基づいた情報を知ることが重要です。寄生虫についてのより危険な神話のいくつかと、その背後にある真実を以下に示します。

室内猫は寄生虫からの予防を必要としません

いいえ。 すべての猫は寄生虫からの予防を必要とします。室内猫が不衛生環境下で暮らす野良猫と同じリスクを持っているとは想像しにくいかもしれませんが、寄生虫は開いた窓、靴に付着した少量の土壌、またはあなたの着用している服に付着して運ばれることもあります。

フィラリアは犬にのみ影響を与える

いいえ。犬はフィラリアの主な宿主ですが、感染した蚊に刺された猫でもフィラリアを発症する可能性があります。さらに、犬のフィラリアを治療するために使用される薬は猫にとって危険なので、猫が感染した場合、治療の選択肢はありません。予防は猫のフィラリアに対する唯一の保護です。

寄生虫は夏季のみリスクを与える

いいえ。暖かい季節にはノミ、マダニ、蚊が大量発生する可能性がありますが、実際には寄生虫は一年中危険です。これらの害虫は、猫と接触する可能性のある家や小屋の屋内に隠れることで、寒い気温に耐えしのぐことも知られています。

本製品ですべての寄生虫から保護できます

いいえ。残念ながら、すべての寄生虫から猫を保護する製品はありません。しかし、適切な組み合わせを使用すると、2、3回の治療で完全な保護を実現できます。獣医師にどの治療法が安全に併用できるかを相談してください。

犬の薬を猫にも使用できます

いいえ。あなたの犬と猫が同じサイズで同じ寄生虫に苦しんでいるとしても、それらの体内構造は非常に異なります。 犬に使用される薬は猫にとって致命的となりことが多いため、指示された方法でのみ薬物を使用することが重要です。

私の猫は子猫なので寄生虫はいない

いいえ。多くの寄生虫は外部環境に由来しますが、一部の形態の腸内寄生虫は、胎盤または乳汁を通して、母猫から子猫に直接運ばれます。このため、繁殖する雌を適切な寄生虫治療で保護することが重要です。

猫の糞便に寄生虫が見られないので存在しない

いいえ。腸内寄生虫は猫の腸内で生活しているため、必ずしも便の中にいるとは限りません。おなかの虫は卵を糞便から排出しますが、人間の肉眼で見るには小さすぎる場合があります。おなかの虫自体を探すのではなく、猫がお尻歩きをする、体重減少、嘔吐、下痢などの症状が見られるか気をつけてみましょう。 

副作用

猫は、炎症の有無にかかわらず、投与部位で固まったりまたは束になった毛、または局所的な抜け毛が見られることがあります。その他の副作用はまれですが、嘔吐、下痢、食欲不振、急速呼吸、よだれ、筋肉の振戦、嗜眠などがあります。

大きな猫用に設計されたチューブを誤って小さな猫に投与した、または投与部位を過度に舐めた時に過剰投与が起こります。過剰摂取の症状には、異常な動き、見当識障害、瞳孔拡張、起立不能、うつ病、失明および昏睡が含まれます。

猫に過剰摂取が疑われる場合は、すぐに獣医師に連絡してください。

予防

猫用レボリューション取り扱う、保管する場合、次のことが重要です。

  • 製品を炎から遠ざける
  • 製品の取り扱い中は、喫煙、飲食をしないでください。
  • 取り扱いおよび投与後に手を洗う
  • 皮膚に付着した場合は、すぐに石鹸と水で手を洗ってください。
  • レボリューションが目に入った場合は、すぐに水で洗い、医師の診察を受けてください。
  • 製品が完全に乾くまで猫に触れないでください
  • 投与日は猫と一緒に寝てはいけません
  • 使用済みのチューブはすぐに処分する必要があります
  • 30°C(86°F)以下で保管

レビュー

ペットの内部および外部寄生虫を駆除することができる単発の治療はありませんが、猫用レボリューションは猫に影響を与える害虫の大半を制御します。 レボリューションは、ノミの成虫、ノミの卵、フィラリア(糸状虫)、回虫、鉤虫、ミミヒゼンダニ、ネコハジラミに対して1カ月に渡り保護し、猫の寄生虫予防として獣医師から長年推奨されてきました。

パッケージ内容 

Revolution review front of package
パッケージの前面
Revolution review instructions in package
取扱説明書
Revolution review pipettes in package
パッケージ内のチューブ
Revolution review package
すべての内容量

地域によって異なりますが、製品にはレボリューションまたはストロングホールドのラベルが付けられます。これらは同じ製品で異なる名前であり、同じ会社によって製造されています。

この箱には6回分の用量が含まれていますが、猫用レボリューションは3回分、6回分、または12回分のパケットから選択できます。レボリューション投与量は猫の体重に基づいているため、パケットはあなたのペットの体重に応じて異なる色で分かりやすい外観です。これは、2.6 ~ 7.5 kg(5.7~15.5ポンド)の猫用で青のパケットです。

箱の裏面には、有効期限とロット番号が記載されています。箱の中では、各チューブは個々のブリスターパックで密封されています。使用するまで密封状態のまま保管してください。簡単に薬を滴下するためにピペットは透明で、チューブを開くのに役立つキャップが付いています。

投与方法

レボリューションを滴下する必要があるのは1か所だけなので、滴下部位を逃したり完全に保護できないなどの心配はありません。ただし、製品を絞り出すときは、チューブに少々の圧力をかける必要があります。リリースすると、駆虫薬がチューブに逆流することがあります。

各チューブ内の液体は実際にはごく少量(0.75 ml)であるため、製品はペットの皮膚に吸収され、素早く乾燥します。投与部位が完全に乾いたら猫に触れることができますが、ペットをシャンプーしたり、濡らしたりする場合は、お薬が防水になるまで2時間待つ必要があります(フィラリア保護の場合は、少なくとも24時間待ちます)。

メリット

  • さまざまな内部・外部寄生虫に対する1か月分の保護
  • 局所タイプは、ペットが拒否できない
  • 無臭でべたつかない
  • 繁殖、妊娠中または授乳中の猫に使用しても安全
  • 8週齢の子猫に使用しても安全

デメリット

  • 猫は投与後24時間はシャンプーできません
  • 滴下部位で抜け毛や炎症を引き起こす可能性があります
  • サナダムシ(瓜実条虫)から保護はできません

よくある質問

猫に使用するレボリューションの投与量は?

レボリューションの適切な投与量は猫の体重によって決められます。3つの規格から選択可能です:最大5ポンド(2.3 kg)、5.1-15ポンド(2.4-6.8 kg)および15.1-22(6.9-10 kg)チューブ内の液体をすべて投与してください。

体重22ポンド(10kg)以上の猫には投与チューブを組み合わせて適量な駆虫薬をご使用してください。

猫にレボリューションを投与するにはどうすればよいですか?

チューブを直立させたまま、「カチッ」という音がするまでキャップを押し下げます。キャップを外し、チューブが開いていることを確認します。

猫の首の付け根の毛をかき分けて、皮膚が見えるようにします。露出した皮膚に直接チューブの先端を当て、チューブが空になるまでこのスポットを3〜4回押し潰す。投与時に、駆虫薬に指で触れないでください。

チューブを絞ったまま、皮膚にチューブ内の駆虫薬をすべて絞り出し、空になったら持ち上げて猫から離す。

レボリューションは子猫に投与しても安全ですか?

はい。レボリューションは、生後8週の子猫に対して安全であることが証明されています。生後8週未満の動物には投与しないでください。

妊娠中の猫にレボリューションを投与できますか?

はい。 レボリューションは、繁殖、妊娠、授乳中の雌動物に安全に投与できると評価されています。レボリューションは、繁殖する雄動物に使用しても安全です。

私の猫の体重は22ポンド(10 kg)を超えています。どのくらいの投与量が必要ですか?

22ポンド(10 kg)を超える猫の場合、体重に基づいて適切なチューブの組み合わせを適用する必要があります。たとえば、25ポンドの猫の場合、15.1〜22ポンドの猫には1本のチューブが必要で、5ポンドまでの猫には1本のチューブが必要です。

購入可能ストア

petcircle petbarn
評価 ⭐⭐⭐⭐⭐
5/5
⭐⭐⭐
3/5
⭐⭐
2/5
猫用レボリューション(青箱)の価格 $ 66.95から $ 79.95から $ 76.95から
世界中送料無料 ✔️
配送時間 3〜7営業日 14〜20営業日 10〜15営業日
自動配信オプション ✔️ ✔️ ✔️
返品可 ✔️ ✔️ ✔️
24時間年中無休のサポート ✔️
幅広い製品 ✔️ ✔️ ✔️
ポイントキャンペーン ✔️ ✔️
ユーザーに易しいストア ✔️ ✔️ ✔️
多言語対応ストア ✔️
飼い主様レビュー 5/5
1239件のレビュー
2.7/5
1175件のレビュー
3.6/5
823件のレビュー
今すぐ購入 今すぐ購入 今すぐ購入

健康な猫ちゃんの秘訣

あなたの愛猫を厄介な寄生虫フリーに保つには、レボリューションなどの駆虫薬の使用が最善の方法ですが、一般的な健康状態を維持することで、感染する可能性のある病気や状態に対処することができます。

適切な栄養

猫を健康状態に保つためには、適切な栄養バランスと適切な給餌スケジュールの両方を必要とします。通常、猫ちゃんたちは朝と夕方に適量の食事をとることが大事です。猫に大量の餌を与えてしまうと食べ過ぎて肥満になるので気をつけましょう。

すべてのペットに合う適切な餌はありません。そのため、猫の種類と年齢に最適な餌について獣医師に相談することをお勧めします。 現在、獣医師は多くのドライフードを与えることを勧めていません。代わりに、ウェットフードと自然食品の混合を推奨しています。子猫は生後6か月まで子猫用の特別な餌を必要とします。

猫がいつでも新鮮な飲み水にアクセスできることが重要です。猫ちゃんたちが水を飲む姿を頻繁に見ないかもしれませんが、猫が脱水状態になると、数時間で病気になることがあります。腰を曲げて水を飲みたくない猫もいるので、猫が水に触れない場合は、グラスなどの高さがある容器を使って試してください。

遊ぶ時間を作る

猫は一日中眠っているように見えるかもしれませんが、猫が1日最大20時間休息できることが多いのは事実ですが、猫が何らかの運動と精神的刺激を得ることは重要です。これは、環境の変化が少ない屋内猫に特に当てはまります。単調な生活は、ペットが退屈してストレスを感じることさえあります。すべての猫がおもちゃに反応するわけではないため、子猫を楽しませ、健康に保つには、いろいろ試行錯誤する必要がある場合があります。

清潔に保つ

猫はきれい好きな動物で知られていますが、とてもきれいな子猫でさえ、時々手助けが必要です。特にロングコートの猫は、頻繁にブラッシングする必要があります。これは、抜け毛を取り除き、毛玉を防ぐのに役立ちます。

トイレの清潔を保つのも重要です。汚れたトイレは、健康リスクとばい菌の繁殖地であるだけでなく、猫がトイレに近づくことでさえ不快に感じます。これにより、家のどこかで用を足したり、さらに危険なことに、おしっこを我慢して、尿路感染症や膀胱の問題を引き起こす可能性があります。

検診の予約

猫を動物病院に連れて行くことは、時には深刻な挑戦のように思えるかもしれませんが、定期健診を見逃さないことが重要です。多くの場合、潜在的な問題を早期に発見することが、より深刻な問題を回避するための鍵となり、病気が深刻化すると後でより高額な請求額となります。猫に問題がなくても、ワクチンを注射したり、歯石除去する必要があります。

寄生虫からの保護

猫の年齢、猫種、ライフスタイルに関係なく、猫は寄生虫から一年中保護する必要があります。室内猫でさえ、開いた窓、別のペット、または靴に付着した土壌を介して、ノミ、腸内寄生虫、その他の寄生虫に簡単にさらされる可能性があります。フィラリア(糸状虫)はかつて季節的なリスクと考えられていましたが、蚊は冬でも生存することが検証されています。猫を完全に保護する唯一の方法は、定期的な駆虫薬の使用です。

飼い主様からのレビュー

猫にレボリューションを使用しましたか?あなたの体験を教えてください!